「有機JASは無農薬で安心」は本当?有機JASを選ぶメリットってなに?

投稿日:

有機JAS=完全無農薬ではない

有機JASは農林水産省が認定している有機農産物の規格で、いくつかの条件を満たしているものとされています。

条件を大まかに説明すると、有機農産物は2年、果物などは3年以上原則農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培・収穫されたものとなっています。

ここでポイントとなるのは「原則」というキーワードです。農薬を使用してはいけないという前提はあるものの、やむをえない場合は定められた30種類の農薬を使用してもよいことになっています。

有機農産物を守るために通常の方法だけでは有害な動植物を除去しきれないなどの場合に限ってですが、農薬を使用してもよいという例外が認められています。

そのため有機JAS規格を満たしている有機農産物でも、完全な無農薬ではないということになります。

無農薬とは

無農薬とはその名の通り農薬を使用していないという意味です。そのため無農薬野菜であれば、その栽培期間中に農薬を一切使用されていない野菜です、といった意味になります。

先ほどの有機JAS規格の条件には「2〜3年以上農薬を使用していない田畑」とありましたが、無農薬の定義にはそのような条件はありません。

あくまで栽培期間中に限り農薬を使用していなければよいため、農薬を使用した直後の田畑で栽培を始めてもその後収穫まで農薬を使用しなければ無農薬という表現をしてもよいことになります。

栽培期間中も栽培期間の前も農薬などを使用していない農産物は「有機無農薬」という表現になります。

有機JASを選ぶメリットとは

有機JASは農林水産省が認めた安全水準のかなり高い有機農産物です。完全無農薬ではないものの、安全性という視点においては優れた農産物です。

また、その味は一般的な農産物と比較しても格段に良く、素材本来の味わいをより楽しむことができます。もちろん味が良いだけではなく、栄養価も高いため健康的な食品であると言えます。

有機農産物は農薬をほぼ使用せずに栽培されるため、作物自身が病気や害虫に対抗するためにポリフェノールなどの抗酸化物質をたくさん作り出します。

そのため有機農産物を食べることで体内に抗酸化物質を取り入れ、老化や病気の予防につなげることができます。

有機JAS農産物はどこで買える?

メリットの多い有機JAS農産物ですが、スーパーの店頭などではあまり見かける機会は多くありません。まだまだ有機JASを手掛ける農家は少なく、あまり市場に出回ることがないためです。

もし店頭に置いてあっても選ぶほどの種類はなく、自分のほしいものに出会える可能性は低いです。

しかし、現在はネット通販を利用することで自分の欲しい有機JAS農産物を手軽に取り寄せることができます。店頭で購入するとやや割高ですが、ネット通販であればお試しセットなど安く購入できるサービスもあります。

主な通販サイトとしてはらでぃっしゅぼーや・Oisix
・大地宅配などがあり、どれもお試しセットは取り扱っているようなので、興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

-基礎知識

Copyright© いま話題の「白井田七。(しらいでんしち)」ってどんな効果があるの? , 2017 All Rights Reserved.