更年期は体の変化だけじゃない!心の変化「うつ」にも注意しよう

投稿日:

更年期というと大体45〜55歳の間をさし、女性はこの間に閉経を迎えるなど大きな体の変化が起こります。

更年期に現れる症状を更年期障害と呼び、ホットフラッシュや眩暈、のぼせ、発汗などが起こることはよく知られています。

しかし実際は、このような体の変化だけではなく、心の変化、つまりうつのような症状が起こることもあるのですね。

更年期はどうしてうつと関係があるのでしょうか。今回はそんな更年期とうつの関係について取り上げてご紹介していきます。

更年期障害は、自律神経の乱れが原因

更年期を迎えるまでは、女性ホルモンが分泌されているので、毎月生理周期というのがあり、月経があります。

しかし女性ホルモンの分泌がだんだん少なくなると生理周期も乱れてきます。

このホルモンの分泌は、脳の中の視床下部というところで行われています。

視床下部では、自律神経のバランスも整えているのですが、女性ホルモンの分泌の乱れが、自律神経の乱れに連鎖してしまうこともあるのです。そうして現れた症状が、更年期障害。

のぼせやホットフラッシュといった多くの更年期障害は、この自律神経の乱れが原因です。

自律神経が乱れただけでうつになるの?

自律神経というのは、体の神経を自動的に調整している神経なので、簡単には乱れません。

更年期で女性ホルモンが影響しているからといって、すべての人の自律神経が乱れてうつになるかというとそうではないのです。

実は更年期のころに自律神経が乱れうつになるというのは、根底に何かしらの要因があることが多いです。

その要因というのは、ストレス、生活の不規則などがあげられます。

更年期の女性は何かとストレスをためやすい

更年期の女性は、家庭では年齢的に考えても育児や介護などに携わっていることが多いです。

また仕事では継続していると、ある程度責任ある立場となりストレスを抱えやすくなります。

家庭と仕事を両立するには、時間を削らなくてはいけないので、睡眠に影響することもあります。

また更年期になるといろいろな症状が出てくるので、体の不調を感じやすくなり、それによってストレスをためることもあるのですね。

そのために更年期の女性は自律神経が乱れうつ状態になりやすくなってしまうのです。

うつを改善するには?

うつ状態が軽い時には、自分自身でも自覚がない時が少なくありません。

しかしなんかおかしいなと思った時には、自分でなるべく生活習慣を整えることを心掛けましょう。

また辛くなったら病院で女性ホルモンの調整をしてもらうことで自律神経を整えることの助けにもなります。

-基礎知識

Copyright© いま話題の「白井田七。(しらいでんしち)」ってどんな効果があるの? , 2017 All Rights Reserved.