更年期障害で起こるホットフラッシュの原因と対策

投稿日:

更年期障害の代表的な症状、ホットフラッシュ

多くの女性が閉経を迎える50歳頃を挟んだ前後45歳〜55歳頃というのは、更年期と呼ばれて色々な不快な症状が起こるとされますね。

倦怠感や頭痛・肩こり、めまいや動悸、不眠、そしてイライラや気分の落ち込みなどの情緒不安定…などなど。

そんな様々な症状の中でも、特に多く見られるのがホットフラッシュ。これはいわゆる「ほてり」で、急に首から上がカーっと熱くなって、顔や首、胸や背中などの上半身から大量に発汗するなどの症状が現れます。

また、急に顔が熱くなってのぼせてしまうことで、人によっては目まいを起こして倒れてしまうこともあります。

運動をしているとか暑い季節であるなど、周囲の状況とは関係なく突然起こるというのが特徴です。

ホットフラッシュの原因は?

ホットフラッシュの原因は、女性ホルモンバランスの乱れによるものだと言われています。

閉経前の女性は、1か月の中でエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが一定のリズムで分泌されています。

しかし更年期になって卵巣機能が低下してしまうとエストロゲンの分泌量が急激に減少し、血管の収縮・拡張や体温などを調整している自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は脳の視床下部でコントロールされているのですが、視床下部が指令を送ってもエストロゲンが分泌されないと、エストロゲンを分泌するようにと何度も指令を出します。

その結果、血流が増加したり体温が上昇することでホットフラッシュが起こってしまうのです。

ホットフラッシュの対策方法は

そんなホットフラッシュの対策としては、やはり女性ホルモンのエストロゲンを補充することが効果的です。

食事で言うと、エストロゲンに似たはたらきをしてくれるイソフラボンを含む大豆製品を毎日摂取するのがオススメ。

どうしても忙しくてなかなか毎日の食事に気を配るのは難しい…と言う人は、イソフラボンのサプリメントを活用すると良いでしょう。

ただ、イソフラボンは過剰に摂取すると逆に良くないので、適量を毎日継続して摂取するというのがポイントです。

また、プラセンタもホルモンのバランスや自律神経を整えてくれる効果が期待できますので、プラセンタのサプリもオススメですよ。

さらに、普段の生活では規則正しい生活を心がける、適度に運動をすることでホルモンバランスを整える効果が見込めます。

普段からなるべくリラックスする機会をつくったりしてストレスを溜めないようにするのも、ホットフラッシュを始めとした更年期障害対策としては有効ですよ。

-基礎知識

Copyright© いま話題の「白井田七。(しらいでんしち)」ってどんな効果があるの? , 2017 All Rights Reserved.