更年期障害と東洋医学の関係〜根本からの体質改善で更年期を克服する

投稿日:

東洋医学における更年期障害とは

西洋医学における更年期障害は女性ホルモンが減少する事によって身体的、精神的な不調が引き起こされる自律神経失調症の一つで代表的な治療としては不足してしまったホルモンを外部から補うホルモン補充療法があります。

それに対して東洋医学では身体の「気・血・水」のバランスが乱れた状態であるとされています。その中でも「腎」の陰と陽のバランスが崩れてしまった「腎虚」になり様々な不調が生じると考えられています。

腎の力を高めることによって全身の「気・血・水」のバランスを整えて体質そのものを根本から改善して不調をなくしていきます。主な方法は漢方薬と鍼灸があります。

漢方薬と更年期障害

東洋医学のメインである漢方薬は病院で処方してもらう他に市販薬を購入する方法があります。漢方薬はその人の症状と体質「証」に合わせる事が大切です。

「証」は実証、虚証、中間証の3つに分かれます。同じ症状でも「証」が違えば飲む漢方薬も違います。漢方薬は一つの症状だけではなく、同時に複数の症状を和らげることもできますので、いくつもの症状に悩まされている方には適しています。

漢方薬は自然に由来した生薬なので副作用は比較的少ないと言われていますが、全くないということはありません。自分の体質にあった漢方薬を見極めることが大切です。

漢方薬を選ぶ場合は、最近は東洋医学専門がある病院や漢方薬を処方する先生が増えていますので一度病院で見てもらうか、漢方薬専門の薬局で相談する方がいいでしょう。漢方薬は西洋薬のような即効性はあまりありませんが、穏やかな作用で体質を根本から変えることによって様々な不調を取り除いてくれます。

鍼灸と更年期障害

鍼灸は薬を使わないので副作用はありません。鍼治療は鍼をツボに刺すことで血流を促進して「気・血・水」の巡りを良くし、刺激を与えることで免疫力を高め不調を取り除きます。

鍼治療というと恐いと思う人もいるかもしれませんが、治療中に気持ちが良くなってうとうと眠ってしまう人や、リラックスする人もいます。灸治療というと多くの人は熱そうというイメージだと思いますが、最近の灸治療はじんわりと温かくなるものがほとんどです。

ツボを温めて血行を良くして自然治癒力に働きかけることで不調を取り除きます。鍼灸どちらも即効性はありませんが、人によっては短期間で驚くほど効果が出る人もいます。お薬を飲みたくないという人は一度試してみるといいでしょう。

-基礎知識

Copyright© いま話題の「白井田七。(しらいでんしち)」ってどんな効果があるの? , 2017 All Rights Reserved.