40代、50代の方は要注意!?更年期障害の原因と症状について

更新日:

更年期障害は30代〜40代以上の女性がなりやすいと言われています。

「若年性更年期」といって、更年期障害とはちょっと違い、まだ若い年齢なのに起きてしまう女性も稀に存在します。

そもそも”更年期障害”とは何なのでしょうか?

言葉は耳にしたことがあるけれど実際にどんな症状なのか詳しく知らない方が多いと思います。

更年期障害の症状を知っていると知らないでは大きく違うので分かりやすくご紹介します。

「更年期障害とは」

閉経を挟んだ前後の約10年間の事を指していて、一般的には45〜55歳が「更年期」と言われる期間と年齢なのです。

ですが初潮になった年齢に個人差があるように、閉経の年齢にも個人差はあるので大体が”この位の年齢”という事です。

ちなみに若年性更年期は20代〜30代位の女性がストレスや無理なダイエット、不規則な生活などによって卵巣機能が低下して生理不順になったり、月経がなくなってしまう事を指します。

「更年期障害の症状」

体の症状の場合は疲れやすい、のぼせ、ほてり、立ちくらみ、耳鳴り、手足のしびれ、尿トラブル、肌や目、口の乾燥、多汗が主に表れやすい症状になっています。

心の症状の場合はイライラ、不安感、不眠が主に表れやすい症状になっています。

もちろんこれらの症状はあくまで”目安”と、個人差もあるのでこれらの症状にいくつか当てはまったからといって更年期障害という事ではありません。

「もし更年期になってしまったら?」

「私が更年期になるわけない」と思っている方もいらっしゃると思いますが、

いつ、どんなことが原因で更年期障害になってしまうか分かりません。

更年期になってしまったら、家族や親しい人とお話をして気分転換をしたり、趣味やスポーツに取り組んでみたり、ストレスを溜めないようにストレス発散をするなどすると上手く更年期を乗り越えられます。

普段の生活の中で「なんだかストレス」と感じることは極力避けましょう。

ストレスを感じやすい環境に居ると心身が不安定になり症状が悪化してしまいがちなので気を付けましょう。

「まとめ」

自分が更年期障害なのかをセルフチェックなどをして調べることも大事ですが、症状には個人差があります。

セルフチェックなどをして「私は症状がいくつかしか当てはまらなかったから更年期じゃない」で終わらすのではなく、病院へ行ってしっかりと診てもらったり、日々の生活の中で気になることを医師にしっかりと話すことで

早期発見できることもあります。

-基礎知識

Copyright© いま話題の「白井田七。(しらいでんしち)」ってどんな効果があるの? , 2017 All Rights Reserved.