田七人参の主要成分である「サポニン」って何だろう?

更新日:

サポニンは、サポゲニンと糖が結合してできた化合物である配糖体の一つで、さまざまな植物に含まれる苦みの元となる成分です。

大豆をはじめとするマメ科の植物や、高麗人参などの薬用植物に多く含まれています。

サポニンには、コレステロールを除去したり、動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制するなどの働きがあり、その健康効果が注目されています。

特に大豆に含まれる「大豆サポニン」や、人参に含まれる「人参サポニン」の効能については多くの研究があり、サプリメントにも使用されています。

注目されているサポニンの効果の一つ「抗酸化作用」

アンチエイジング活性酸素は、体内の免疫システムに欠かせない物ですが、過剰に発生すると、血液の循環を悪化させるので、動脈硬化や高血圧のリスクをもたらします。老化の原因も活性酸素にあると言われています。

体内に余分に発生した活性酸素を除去することによって、生活習慣病の予防やアンチエイジング効果がもたらされると考えられています。

コレステロールや中性脂肪の酸化が進むと、過酸化脂質というものになり、肥満の原因にもなります。

サポニンによる抗酸化作用で、身体の酸化を抑え、血液を綺麗にすることで、肥満防止や生活習慣病の予防など、健康面でプラスとなるだけではなく、アンチエイジングにもつながります。

サポニンは、体内に入るとインスリンとよく似た働きをするため、血液をサラサラにして血糖値を下げる効果もあります。

ウイルスや細菌から体を守るナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させる働きもあるため、免疫力を向上させます。サポニンを摂取することで、風邪やインフルエンザの予防にもつながり、また風邪を引いても回復しやすい、疲れにくいなどの効果もあります。

サポニンを摂取する方法

納豆サポニンを多く含む食物としては、大豆や黒豆、田七人参、高麗人参、ごぼうなどが挙げられます。食用ではありませんが、桔梗、ヘチマなどにも含まれています。

サポニンを食品から摂取するには限界があるため、最近注目されているのがサプリメントによる摂取です。サポニンには独特の苦みがあるため、食物から摂取する場合は抵抗感がある人も、サプリメントだと簡単に飲むことができます。

継続的に飲むことで、免疫力が高まり、風をひくにくくなる、疲れが取れやすいなどの一定の効果が期待できるようです。

サポニンを含んだサプリメントを選ぶ際には、過剰な効果を謳ったものではなく、生産者や原料の原産地、配合量などが明確に表示されているものを選ぶことが大切です。

-基礎知識

Copyright© いま話題の「白井田七。(しらいでんしち)」ってどんな効果があるの? , 2017 All Rights Reserved.