漢方で尿酸値を下げることはできるの?痛風防止のためにも飲みたい漢方

更新日:

健康診断などで尿酸値が高いと診断された時は通風を発症する恐れがあります。

まずは食事と運動で症状が出ないように気を付けなければなりません。

もうすでに痛みが出てしまっているという人は鎮痛剤と尿酸を下げる薬を処方してもらっていると思いますが、長い間飲み続けるのが不安になる人もいると思います。

そのような時に思いつくのが漢方ですね。

どのような種類があるのか調べてみました。

尿酸値はなぜ上がるのか

尿酸は尿の中の成分で通常は身体が上手くコントロールして排出しています。

それがなんらかの異常で体外に排出できなくなるために尿酸値が上がってくるわけです。

増え続けた尿酸が通風などの症状を起こす原因となっていくわけですね。

尿の排出を促進する柴苓湯

漢方のなかで柴苓湯(さいれいとう)は尿酸を体外に排出する事を促進する効果があります。

柴苓湯は体内の水分配分をコントロールする効能があり、服用していくとトイレの回数が増えてきます。

尿が正常に排出されることによって尿酸が減っていき、症状が改善されていきます。

注意が必要なのは漢方にも副作用があり

柴苓湯には水分を排出するために血圧が

上がったり、むくみが生じる場合があります。

万が一服用を続けているうちにそのような症状が現れた場合は服用を中止し、医師の判断を仰ぎましょう。

大柴胡湯は痛みを改善してくれる

つらい通風の痛みを和らげてくれる効果があるのが大柴胡湯(だいさいことう)です。

即効性という面では市販の痛み止めに比べると効果は穏やかですが、重度な副作用もなく、続けて飲める安心感があります。

また脂肪がつきにくくなる効果もあるので、通風予防といった側面もあります。

その他にも胃腸機能の改善や肝機能の環境改善など痛みを和らげる他にも効能が期待できる服用する価値のある漢方薬となっております。

防風通聖散で体調を整える

水分の循環をコントロールし、血流を改善する効能があるのが防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。

その他に、動悸予防、肩こりやむくみの改善することで肥満解消効果もあります。

尿酸値が上がると動脈硬化につながるそうですがそういった症状の予防も期待できます。

それだけに高血圧や心臓疾患の持病をお持ちの方は注意深い服用の仕方が必要になってきますので、よく相談した上で使用するようにしましょう。

半夏瀉心湯でも通風対策

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)も尿の排出量を調整する効能があり、痛みを和らげる効果もあります。

尿が適切に排出されないと尿酸が蓄積されるだけでなく他の症状が出るおそれもありますので注意が必要です。

なお半夏瀉心湯もむくみや水分排出に伴う血圧上昇などの副作用に注意しながら服用する必要があります。

より効果のある漢方薬の服用方法とは?

漢方薬は保険が効かないために経済的な負担が多くたってしまいます。

そのため安心して飲み続けるためには漢方を処方してくれる病院を探すことです。

病院で処方されると保険が適用されるために経済的負担が小さくなります。

漢方薬は即効性よりも持続性が大切です。

服用するタイミングとしては生薬をよく吸収することで空腹時が最適とされています。

忘れないためにも食前や食間など時間を決めておきましょう。

服用する時は水か白湯で、本来は煎じて飲むものですので白湯でゆっくりと溶かしながら飲むのが効果的です。

まとめ

効果が出るまで時間が必要かもされませんがそれでも症状が改善されない場合はお薬の見直しなどが必要ですのでかかりつけのお医者さんに相談する事が必要です。

 

サポニンが高麗人参の7倍!更年期・痛風には『田七人参』

白井田七

話題の『白井田七』は注目のめぐり成分である「サポニン」をはじめとして、田七ケトン、デンシチン、フラボノイドやギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウム、ほかにも身体の調節役である6種類のミネラルや19種類のアミノ酸、それに体内で生成できない必須アミノ酸についても9種すべて含んだ究極の更年期サプリ

もっと詳しく

-基礎知識

Copyright© いま話題の「田七人参(でんしちにんじん)」ってどんな効果があるの? , 2018 All Rights Reserved.