田七人参に含まれる成分は血中コレステロール改善にも効果あり

投稿日:

なぜ血液をサラサラにしておいたほうが良いのでしょうか?こうおもう方もいるかも知れませんね。

やはり血液がドロドロって、そのフレーズの響き通りにカラダに悪いものです。

ドロドロした血液は血管の中でめぐりが悪化します。

血中コレステロールは濃度が高まることになると、血管を詰まらせる原因となる他にも血の流れを滞らせる理由にもなっていくのです。

すると血圧が上昇するばかりではなく、高血糖や高脂血症といった成人病の火付け役にもなっていくと思われます。

より一層怖いのが動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった危険な疾患の要因となってしまうこと。

こういう風になるのに先立って日頃から注意しなければいけないのです。

田七人参のサポニンが血液をサラサラにしてくれる

田七人参の主成分であるサポニンは、血中から不要なコレステロールを取り去ったり、血液を洗浄したりする機能を持っており、血液をサラサラする役目を果します。

サポニンそのものに中性脂肪や血中コレステロールを下げる効果があり、善玉コレステロールを引き上げる効能もわかっています。

実際に田七人参を一定サイクルで身体の中に摂りいれることによって、サポニンが影響して血管が拡張していきます。

同時進行で毛細血管も拡大して血圧が下がり、血液そのものもサラサラになっていきます。

そうなったら栄養や酸素が血管の中を巡り取り込みやすくなり、反対に不要物質やCO2を要領よく排出してくれます。

ほかにもサポニンには脂質を体の外に排出する作用もあるので、太り過ぎに悩んでいる人やダイエットをやっている人にも効果が期待できるしょう。

何より無理がある運動や食事規制をすることが無い点とても良いですね。

田七人参で血液サラサラを目指そう!

田七人参のサポニンの働きにより、血液がサラサラとなって、健康的な身体的機能が維持できる点は、田七人参のとても優れた作用だと言えます。

ちなみにサポニンはもちろんの事、田七人参に含まれている田七ケトンやデンシチンにもサポニンと同様の効果があることが明らかとなっているため、血中コレステロールや血液の状態を良くするには田七人参がやっぱり確実であるのです。

 

サポニンが高麗人参の7倍!更年期・痛風には『田七人参』

白井田七

話題の『白井田七』は注目のめぐり成分である「サポニン」をはじめとして、田七ケトン、デンシチン、フラボノイドやギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウム、ほかにも身体の調節役である6種類のミネラルや19種類のアミノ酸、それに体内で生成できない必須アミノ酸についても9種すべて含んだ究極の更年期サプリ

もっと詳しく

-基礎知識

Copyright© いま話題の「田七人参(でんしちにんじん)」ってどんな効果があるの? , 2018 All Rights Reserved.