痛風の症状には漢方が効く!痛風に効果が期待できる漢方はコレ

更新日:

ある日突然、足や親指が腫れ上がり関節に痛みが走る「痛風」。

特に男性に多い症状ですが、これは血中の「尿酸値」が増えすぎることで起こります。

血液中の尿酸値は7.0mg/dL以下なら正常ですが、これを越えると高尿酸血症と診断され、痛風の症状が現れます。

痛風の原因としては「食事」が上げられ、肉や魚の多い食事やアルコールなどが主な原因とされています。

特に肉やアルコールはやめられないという人も多く、将来の痛風が心配とはいえ控えるのもなかなか難しいと思います。

そんなときに効果的なのが天然生薬を使用した「漢方」の存在です。

漢方は医薬品と違って身体への負担がかかりにくく、副作用のリスクも少ないので普段から気軽に飲むことができます。

そのぶん医薬品と比べて効果がでるまでに時間がかかるのですが、「痛風予防」の目的であればこれほど良いものはありません。

飲み続けていくことで徐々に体質を改善させ、痛風予防だけでなく、生薬由来の様々な効果を引き出していきます。

もちろん食生活を改善したり、痛風につながってしまうアルコールを控えることが大事ですが、同時に漢方も使用することでストレスを貯めずに無理なく健康な体を手に入れましょう。

ここでは痛風に効果のある代表的な漢方をご紹介していきます。

痛風に良い漢方その1:「柴苓湯(さいれいとう)」

柴苓湯(さいれいとう)は尿酸を排出する効果が期待できる漢方で、体内の水分循環をサポートする力を持ちます。

痛風の方は尿酸が高い傾向にあります。

尿酸が高いと尿を上手く出せず、尿で尿酸を調節が出来なくなるため、体内の尿酸がどんどん増え続けてしまうのです。

体内の水分を上手く循環させることで尿を出しやすい環境を作り、尿酸を排出できるようにすることが痛風の症状緩和や改善につながるのです。

痛風に良い漢方その2:「大柴胡湯(だいさいことう)」

大柴胡湯(だいさいことう)は痛風によって生じる痛みを和らげる効果が期待でき、予防効果も持っている漢方です。

また、痛風の悪化の原因にもなる肥満を防いだり、脂肪が付きにくくする効果も期待できます。

肝臓に作用し、脂肪を分解しやすくし、余分な脂肪を腸で吸収されるのを抑制し、痛風には肥満になっている人が多いので肥満の改善に役立ち、痛風の予防にもつながります。

さらに、肝臓や胃腸の回復効果も併せ持ち、排泄を促す作用があり、体内環境の改善にも一役買ってくれる漢方で身体全体の健康をサポートしてくれます。

痛風に良い漢方その3:「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」

漢方薬防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は痛風の悪化につながる肥満を予防したり、体内の水分循環を整えながら不要な水分を排出する働きを持つ漢方です。

尿が出にくく量が少ない状態から尿酸排泄を良くするので、糖尿病による肥満と尿の量が減少し尿酸が出づらいといった状態を改善させてくれます。

水分循環を整えることで血流改善効果も期待できるので、痛風によって尿酸値が上がり、さらにそこから動脈硬化につながってしまうリスクを減らし、痛風の症状の悪化を防いでくれます。

痛風に良い漢方その4:「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」

半夏瀉心湯に「猪苓湯」と「十味敗毒湯」という漢方を併せて飲むことで痛風に効果が期待できます。

半夏瀉心湯と猪苓湯と十味敗毒湯の3つの漢方を併せると尿酸を排出する働きを高め、尿の量を適切に保ち、通風によって生じた腫れや痛みの症状を緩和させてくれます。

漢方同士の相乗作用により、痛風の痛みや腫れを軽減し、改善へと導きます。

痛風に良い漢方には色々なものがあり、症状の緩和や予防につなげてくれることが分かります。

効果が出るまでは時間がかかり、全ての人に合うとは限りませんが、漢方は医薬品よりも身体への負担も少ないので、痛風に悩む方は漢方を摂り入れて体質を改善させることから始めるのが良いと言えます。

漢方の有効成分は「サポニン」

ここまで痛風に効果のある代表的な漢方をご紹介してきましたが、漢方が痛風に効果がある理由は、植物の根や茎に含まれる「サポニン」という成分の働きによるものです。

サポニンはごぼうや人参などの根菜類にも含まれますが、ウコギ科の薬用人参(田七人参や朝鮮人参)などに含まれるサポニンは古代中国の時代から珍重され、高級漢方薬として親しまれてきました。

このサポニンは人間の体内で分泌される「天然のステロイド」とも言われる「副腎皮質ホルモン」の分泌を促す働きがあり、血流を良くする作用、抗酸化作用、肥満予防、抗ウイルス作用といった多くの効果があります。

サポニンにはその強力なデトックス効果により、腎機能や肝機能を改善させ、免疫力を向上させるなどの働きがあります。特にビールやお酒が好きな人はこの「サポニン」を日常的に摂取すれば、痛風の心配をせずにすむのはもちろん、無理なくバランスの取れた健康的な生活を送ることができますよね。

 

サポニンが高麗人参の7倍!更年期・痛風には『田七人参』

白井田七

話題の『白井田七』は注目のめぐり成分である「サポニン」をはじめとして、田七ケトン、デンシチン、フラボノイドやギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウム、ほかにも身体の調節役である6種類のミネラルや19種類のアミノ酸、それに体内で生成できない必須アミノ酸についても9種すべて含んだ究極の更年期サプリ

もっと詳しく

-基礎知識

Copyright© いま話題の「田七人参(でんしちにんじん)」ってどんな効果があるの? , 2018 All Rights Reserved.