糖尿病の予防や緩和にも漢方?糖尿病に効果のある漢方をご紹介

投稿日:

漢方を摂り入れることで血糖値を安定させ、糖尿病の発症リスクを減らすことが期待できます。

また、漢方は医薬品とは異なり緩やかに、身体への負担をかけずに働きかけてくれます。

漢方を摂り入れることで徐々に糖尿病になりにくい身体へと導きやすくします。

糖尿病の原因となる血糖値が高くなり始めた方、糖尿病のリスクに不安を感じる方に特に漢方をおススメします。

糖尿病に効果のある漢方その1: 八味地黄丸(はちみじおうがん)

腎機能の強化、内臓の老化に対抗してくれる働きを持ち、高齢者の糖尿病に適している漢方です。

糖尿病に伴って起こる口の渇き、頻尿、下半身の脱食感といった症状の改善に働きかけます。

八味地黄丸は身体の衰えに対して効果があり、下半身の血の巡りを良くすることで糖尿病の症状の緩和につなげます。

食事と食事の間の空腹時に飲むのが最も良いタイミングですが、胃が荒れやすい方や弱い方は食後に飲んでも問題ありません。

糖尿病に効果のある漢方その2: 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

糖尿病の予防に働きかけてくれる漢方です。

体内に蓄積されている余分な老廃物や毒素を排出させて解毒作用を促します。

余分なものを取り除くことで、代謝を正常に戻して、糖尿病のリスクを減らします。

お腹の脂肪を落とす効果も期待でき、余分な脂質を便と一緒に排出する働きがあることから、肥満期の糖尿病に適しています。

肥満状態が続くと糖尿病のリスクも高まってしまうので、お腹の脂肪を落として肥満を改善しつつ、糖尿病の緩和にもつなげます。

食事と食事の間の空腹時に飲むのが最も良いタイミングです。

糖尿病に良い漢方その3: 牛車腎気丸(ごしゃぎんきがん)

糖尿病に由来する不快症状の緩和に働きかける漢方です。

糖尿病に由来する不快症状というのは、末梢神経障害、頻尿、しびれ、冷えが挙げられます。

水分の循環を良くして、体力をつける効果が期待でき、糖尿病からくる不快症状の緩和につなげます。

糖尿病が進行し、手足のしびれや痛み、むくみを伴う糖尿病に用いられる漢方で、糖尿病に由来する症状の中でもしびれが見られる糖尿病に適しています。

糖尿病に良い漢方その4: 白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

身体の熱を冷ます効果のある漢方で、糖尿病の症状で多尿や口の渇きがある場合の緩和に働きかけてくれます。

比較的早い時期の糖尿病で喉の渇き、口の乾燥、顔や皮膚の火照りが出ている場合に適している漢方です。

また、血糖値を下げる効果のある朝鮮人参が使われているので初期の糖尿病の改善や緩和にも期待でき、糖尿病の予防にも効果的です。

それから、白虎加人参湯の生薬配合を加減して作られた「白虎加人参湯減方(びゃっこかにんじんとうかげんほう)」というものもあります。

血糖値を下げることに特化した漢方薬として注目され、糖尿病の改善を目指します。

2型糖尿病に効果が期待できる漢方です。

糖尿病に良い漢方には色々なものがあります。

漢方は身体の働きや巡りを良くして、糖尿病に伴うさまざまな症状の緩和や改善に働きかけてくれることが分かります。

飲んですぐに効果を引き出すことは難しいですが、継続することで徐々に症状の緩和に導いたり、糖尿病の予防に働きかけてくれます。

 

サポニンが高麗人参の7倍!更年期・痛風には『田七人参』

白井田七

話題の『白井田七』は注目のめぐり成分である「サポニン」をはじめとして、田七ケトン、デンシチン、フラボノイドやギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウム、ほかにも身体の調節役である6種類のミネラルや19種類のアミノ酸、それに体内で生成できない必須アミノ酸についても9種すべて含んだ究極の更年期サプリ

もっと詳しく

-基礎知識

Copyright© いま話題の「田七人参(でんしちにんじん)」ってどんな効果があるの? , 2018 All Rights Reserved.