貧血改善にも漢方がいい?貧血改善に役立つ漢方の紹介

投稿日:

貧血に悩む方は多いです。特に女性だと生理などでホルモンバランスが乱れることで簡単に貧血を引き起こしてしまいます。

漢方医学において貧血というのは血が不足している状態のことです。貧血に良い漢方も存在しているので、適した漢方を処方してもらえば貧血の改善効果も期待できます。

しかし、漢方は即効性は期待できません。

漢方を飲んですぐに貧血改善とはいきませんが、漢方の効果を引き出しやすくするポイントは長期間の継続です。効果を引き出すには長期間服用し、同時に生活習慣や食生活の改善を併せて行うことです。

漢方を継続することで貧血に良い効果をもたらしてくれます。

漢方で貧血を改善へと導くだけでなく、それまで抱えていたさまざまな身体の悩みの改善にもつながり、漢方薬は身体の悩みにアプローチしてくれるものだと言えます。

漢方薬で貧血を改善させるには、胃腸の働きを良くする漢方薬を処方してもらうことです。胃腸の働きを良くして消化機能を向上させ、食べ物から得る栄養量を増やし、血の元となる鉄分の量を増やし、血を造ることで貧血の改善へと導きやすくします。

漢方の観点から見る貧血の原因とは?

漢方では血が不足した状態が漢方における「貧血」です。

原因は、必要な血が十分でない、足りていないことで貧血を起こします。

女性は毎月の生理によって血が不足しやすくなります。

中でも月経時に経血量が多い「月経過多」の方は体内から必要な血をより失いやすいので、さらに貧血の症状を悪化させてしまうことにもつながってしまいます。

血が不足している状態というのは胃腸の機能も低下しています。

胃腸がきちんと働いていないから血がきちんと巡らず、不足している状態を作ってしまうのです。

漢方で身体の中で血を造りやすい状態を造り、血の量を増やして、必要な血を確保する環境づくりをサポートし、貧血改善へとつなげていきます。

貧血に良い効果が期待できる漢方にはどんなものがあるの?

貧血に悩む方におススメしたい漢方には以下の5種類があげられます。

  • 「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」
  • 「四君子湯(しくんしとう)」
  • 「六君子湯(りっくんしとう)」
  • 「加味帰脾湯(かみきひとう)」
  • 「当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさん)」

「十全大補湯」は重度の貧血に悩む方におススメしたい漢方です。

体力の衰え、疲れやすさ、血色が悪いといった症状を改善させる働きがあります。

「四君子湯」は、貧血によって体力が弱まっていて食欲も低下してしまうような症状がある方におススメの漢方です。

「六君子湯」は、貧血によって食欲低下や顔色が悪いといった症状を改善させる働きがあり、胃の機能も回復させます。

「加味帰脾湯」は、貧血の症状と強い倦怠感が同時に感じられる状態の方におススメしたい漢方です。

貧血によって奪われた体力を回復させ、気分が落ち込みも改善へと働きかけてくれます。

「当帰芍薬散料」は、貧血に悩む女性におススメしたい漢方薬です。

生理の時に経血量が多い方、妊娠中の貧血に悩んでいる人によく処方されます。

 

サポニンが高麗人参の7倍!更年期・痛風には『田七人参』

白井田七

話題の『白井田七』は注目のめぐり成分である「サポニン」をはじめとして、田七ケトン、デンシチン、フラボノイドやギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウム、ほかにも身体の調節役である6種類のミネラルや19種類のアミノ酸、それに体内で生成できない必須アミノ酸についても9種すべて含んだ究極の更年期サプリ

もっと詳しく

-基礎知識

Copyright© いま話題の「田七人参(でんしちにんじん)」ってどんな効果があるの? , 2018 All Rights Reserved.